ちゃぐりんフェスタ2018を開催!【青年部・女性部】

JA秋田ふるさと青年部・女性部は7月22日、管内地域の子どもたちに食料や農業、農村の大切さを知ってもらおうと
「ちゃぐりんフェスタ2018」を開き、小学生や保護者など31組70人が参加。
JA20周年記念企画の一環です。牛の搾乳や野菜の収穫、料理教室、食農クイズなどの体験を行い、学びを深めました。

「あっちぃ・・・」 そんな台詞が聞こえてくる写真です。
当日は9時前で30℃に差し迫る暑さ。

 

牛さんが平鹿支店駐車場に姿を現しました。見事なカメラ目線。わかっていらっしゃる。

「いのち」の大切さを学ぶ「わくわくモーモー体験!」。
子どもたちは牛の鳴き声や大きさに驚いた様子でしたが、酪農家さんのアドバイスを受けて笑顔で搾乳を体験しました。
途中、牛さんがお漏らしになった場面もあり、「すごーい!」と大歓声を上げた子どもたち。

「みんなもおしっこするでしょう?牛だって、生きているからおしっこするんだよ」と酪農家さん。

牛さんの妊娠周期は人間とほぼ一緒。子どもを出産してお乳が出ます。
雌牛からは乳をいただき、雄牛からは肉をいただいています。

私たちが普段飲んでいる牛乳や牛肉は当然、牛さんから頂戴したもの。

「こうやって搾るんだよ」とジェスチャーで子どもたちに教える青年部の鎌田副部長。
みんな上手にできていました。「いっぱい搾れてよかった」と感想を話した子どもたち。

命をいただいていることをみんなに知ってもらえて良かったです。

 

次に「農」の大切さを学ぶ収穫体験!
3組に分かれて青年部員の圃場でシイタケやホウレンソウ、キュウリの収穫体験を行いました。

 

「シイタケ班」は高橋司さん(平鹿)のハウスで収穫体験!
ハウスの中は暑いんじゃないか……そう想像していたら、涼しくてびっくり!
自然に生えているきのこがおいしい時季は秋から冬。
だから、秋の気候に合わせた温度管理をしているそうなんです。

大きいシイタケ、たくさん収穫できたよ!お料理するのが楽しみだね。

 

 

「ホウレンソウ班」は館合ファーム(雄物川)で収穫体験!
「緑のじゅうたん」がハウスいっぱいに広がっています。

お兄さんから収穫の仕方を教わっていざ収穫。楽しくて夢中になってしまうね。

 

「キュウリ班」はメガファーム(十文字)で収穫体験!
つるがくるくるしていて「キュウリのトンネルだね!」と話していた子も。

そのトンネルからキュウリを探し出してあっと言う間に収穫。
大きいのも小さいのもあって個性が光ります。

 

今年入組したフレッシュな青年部事務局の2人。爽やかですね!
左の彼は「畑のカルシウム」。右の彼は「タチガレファイト」。

示し合わせたかのように肥料名と農薬名の刺繍が入ったポロシャツを着ています。さすが営農担当!

 

 

お次は「食」を学ぶ「こども料理教室」!

収穫した野菜を使った「しいたけ焼き」や「ほうれん草のナムル」、秋田県の伝統食である「冷や汁」などを子どもたちと女性部員で作りました。
「しいたけ焼き」にはチーズをたっぷり。おしょうゆを一刺し。まるでステーキのような肉厚さ。
「ほうれん草のナムル」にはゴマをたっぷり和えて。つまみ食いしている班も発見しました。味見が止まらなくなっていましたね。
「冷や汁」は暑いときに食べるほどおいしい(と知ったのは私もごく最近)です。
キュウリには体を冷やす作用があって、味噌汁で塩分補給もできます。これで夏バテ知らずです。

 

出来上がった料理を参加者全員で実食。いろんな具をのせてカップ寿司を楽しみました。
ミニトマトは横手市実験農場さんからいただきました!
赤や緑の定番カラーだけでなく、黄色や茶色がかった色のミニトマトが並びました。贅沢の極み。

 

まるでパフェのようなカップ寿司!保護者の方から借りて写真を撮影させていただきました。

6Lの大玉スイカを切り分ける実演も行いました。
スイカを切る久米おにいさん。固唾をのんで見守る子どもたち。

おにいさんが包丁を入れる度に会場は大歓声に包まれました。
多分、この日一番盛り上がったのではないでしょうか。

 

大人も子供たちもこの笑顔。
大きいから余計に興奮してしまうよね。甘くておいしいスイカでした。

 

食後は「食農クイズ」!印象に残った問題をピックアップします。

・「お米を洗うと出てくるのは――」 「とぎ汁」か「とん汁」か
「舐めてるのか―?」「とん汁だったらみそ汁(おかず)作る手間が省けて嬉しいな」そんな声も聞こえてきました。

・「スイカの90%は――」 「水分」か「種」か
西瓜部会の副部会長も務める佐藤部長は「僕の愛情です!」と話していました。生産者の愛情が詰まっていることは間違いない。

・「サツマイモはどこの国から来たのか――」 「中国」か「インド」か
ここで参加者のみなさんの手が止まりました。
久米おにいさんは「ええっ!薩摩国じゃないの?!」と叫んでいました。

私もそう思いました。大河ドラマの見すぎでしょうか。

 

解説するのは予備校の先生に見える小松副部長。いつだかもこんな場面があったような。
分かりやすい解説で
「サツマイモはどこから来たのか、ということですが薩摩国ではないのか、という声がありました」と即座に笑いに。

 

参加者にはJAグループの雑誌「ちゃぐりん」や管内産の農産物などをプレゼントしました!

 

同企画を振り返り、
女性部の神谷部長は「収穫された農産物が食べ物となって体を作る基本になることをこれからも学んでもらいたい」と感想を話し、
青年部の佐藤部長は「参加者の皆さんに楽しんでもらえて良かった。今回の体験で子どもたちの中から農業に興味を持ってくれる子がいたら嬉しい」と笑顔で話していました。

取材させていただいた側も勉強させていただきました。
ありがとうございました!(き)

 

 

No Comments

JA夏まつり盛大に開催!【横手支店・横手営農センター】

  

JA秋田ふるさと横手支店は7月21日、横手支店駐車場でJA夏まつりを開きました。
組合員や地域住民との親睦を深める支店協同活動の一環で実施するもので地域住民など約300人が来場しました。
開催を知らせる花火が打ちあがりました!炭焼き職人さんが炎天下の中、頑張っています。
 

会場にはたくさんの屋台が並びます。これは田園ハムの切落とし。
暑いこの時期は、ほどよい塩味でビー・・・麦茶が進んでしまうおいしさ。お歳暮でもなかなか見ない大きさですね。
「ハムの人」も驚くのではないでしょうか。

 

おいしそうなホルモン煮。これまた麦茶が進みそう。
音響さんも暑い中お疲れ様です。

 

言わずと知れた「横手やきそば」。横手支店の道路をはさんで向こう側にある
石谷製麺さんに作っていただいております。

そして、ビー・・・麦茶のお供、枝豆。
釣りキチ三平印でお馴染みのこの袋。耐熱性があり、ジッパーを少しだけ開けて水を入れ、
レンジでチンすると時短で枝豆が食べられるそうです。今度やってみよう。

 

また、「民謡日本一」の歌手である「花ちゃん」こと小野花子さんをゲストに迎え、民謡ショーを開催。
小野さんは「秋田長持唄」などを披露し、力強い歌声で来場者を魅了しました。

 

カメラマン発見!

地場農産物やAコープ商品が当たる大抽選会も開催!

目玉はふるさと産のスイカです。子どもたちが引き当てました!
「たなげるが?」と語り掛ける副組合長
司会がすかさず「『たなげるが?』って分かるかな?」と突っ込み。 ※秋田弁で「持てるかな?」の意

 

会場は大歓声に包まれました。

No Comments

7月20日は○○の日!【西瓜部会】

今日は何の日ふっふ~ん、ということで
「土用の丑の日」ですね!

「我が家では鰻を食べるのよ」という、そこの奥様!旦那様!
もう一つ「○○の日」があることをご存じでしょうか。

今日7月20日は語呂が720(なつまる)で「あきた夏丸の日」。
JAは出荷を本格化させ「あきた夏丸の日」販売促進につなげたいと考えております!

 

西瓜(すいか)部会は昨日7月19日、平成30年産スイカの出発式を雄物川集出荷所で開きました。
トラックには主力であり県オリジナル品種の「あきた夏丸」シリーズの「あきた夏丸チッチェ」などが積まれ、
ドライバーへJA全農あきた青果物キャンペーンレディ「ミスフレッシュ」による花束の贈呈を行いました。

同JA産のスイカは県内生産量の7割以上を占めています。

 

今年産のスイカの生育は6月の低温や強風による影響が懸念されましたが、
適度な降水と日差しに恵まれ、甘みやシャリ感とも上々の出来です!

出発式には生産者のほか県や市、JA担当者など30人が出席。
試食用の「あきた夏丸」シリーズ全てが糖度12度を超え、小玉品種「あきた夏丸チッチェ」の糖度は15度を記録!
ミスフレッシュの2人が振る舞い、参加者からは「とても甘くておいしい」と好評でした。

今年度、同部会は出荷量6000㌧、販売額11億4200万円を目指します。
佐々木徹部会長は「生産者が一玉一玉愛情を込めて育てたスイカ。
目一杯出荷して多くの皆さんに味わってもらいたい」と意気込みました。

 

今年、陳列されていたスイカの中に「ふるさと」の「ふ」、そしてパッケージの「夏」
カービングを施したスイカが!誰ぞプロの方がいらっしゃるのかと思いきや、
JA園芸課の職員が彫ったそうです。超大作です。

あとでスタッフがいただくに忍びないですね。

 

市場へ向け出発する10㌧トラックを前に、
今シーズンの集出荷作業の安全と目標販売額の達成などを祈念し、神事とテープカットを行いました。

出荷は7月中旬から8月下旬にかけて、
県内や関東、関西など全国22市場に出荷する予定です。

 「チッチェ」の箱はリニューアル!「ち」がかわいいデザインです。

 

「いつも手しかテレビに映らない」と話していた園芸課担当(現果樹課担当)は
今年も期待通り「手タレ」として映っていました。

「はい!今、切るよ!」と報道関係者様に向けて声を掛けると
シャッター音、RECのランプが点灯。流石です。

紅に染まった果肉が現れて…

お見事!撮れ高ばっちりですね!!

そして、炎天下の中、田んぼの前に立っていただいたミスフレッシュのお2人。
JA秋田ふるさと産のスイカをバッチリ宣伝いただきました。

ありがとうございます!

No Comments

防災意識を高める【青年部】横手市と協定締結

6月28日以降に発生しました「平成30年7月豪雨」により亡くなられた方々に心よりご冥福申し上げますとともに
被災された地域の皆様に心よりお見舞い申し上げます。

 

管内でも昨年7月22日から23日にかけて豪雨が発生しました。
その際、被災地域でボランティア活動を行ったよこて市商工会青年部が、
有事における市や市民との連携強化を意識。災害時、協力体制を強化することにより
効率の良い支援活動ができるものとして横手市に提案し、同青年部に呼応した一般社団法人横手青年会議所と
横手商工会議所青年部、JA秋田ふるさと青年部の4団体の「災害時における支援活動に関する協定」締結が実現しました。

この協定は災害時の情報開示や救護活動の支援、救援物資の調達・配給活動の支援、
清掃・防疫の支援のほか平時における防災事業への協力などを目的としています。

 

7月10日に開いた締結式には横手市の髙橋大市長や各団体の代表者が出席。

髙橋市長は「地域の地理や人に明るい若手リーダーとして
活躍する皆さんの崇高なご協力の意思に対して感謝申し上げたい」と謝意を述べました。

JA青年部の佐藤保部長は、昨年発生した豪雨による農業作物被害について触れ、
「自分たちの有する水利や土地勘など農業に携わる者が熟知している情報を他団体の皆さんと共有することで
自治体として大きな災害を防ぐことができると考える。平時にも防災意識を高められるよう尽力していきたい」と意気込みました。

 

甚大な災害が各地で起こり得ることを常に想定し、円滑な人的支援体制の構築を図ること、
そして、 日頃から防災意識を高める必要性を痛感しました (き)

 

No Comments

奥の細道を歩く【歩こう会】

JAは6月6日、「JA健康生き活き100歳プロジェクト」の一環で「歩こう会」を開きました。

同会は暮らしの中に運動を取り入れ、ウォーキングで生活習慣病の予防に努めようと実施しています。
毎年「春編」と「秋編」の年2回開催。

 

 

春編の今回は管内から場所を移し、
「奥の細道 最北の地 芭蕉が歩いた散歩道」と題して、
にかほ市の道の駅象潟「ねむの丘」から5.5㎞の道のりを歩きました。

前回より約1㎞増にも関わらず
参加者の皆さんは軽い足取りで難なくクリア!

山菜取りや畑仕事、山登りで培った脚力、恐るべし。
むしろ事務局の方がバテていたかもしれません。

参加人数は86人!芭蕉宿泊跡地や熊野神社など道中の史跡を見学。
歩いている皆さんを撮らずに、看板や標柱を撮るのに夢中になってしまいました。

史跡めぐり好きの性が出てしまって恥ずかしい限り。
 

「日本の渚・夕陽百選」に選ばれた象潟海岸で休憩です。

水分補給にはJA秋田ふるさとのりんごジュース!
凍らせると保冷剤代わり、シャーベットになる万能選手です。
広報誌前月号の表紙にもりんごジュースを使用しました。

おねえさんたちから「ジュースおいしいですよ!」と宣伝していただきました。
  大きい!!

ぞろぞろと列をなしている皆さんのお目当ては・・・ 「唐戸石」
この石、漂流してきたのではなく、隆起した石なのだそうです。自然の神秘です。

海沿いを歩いて潮風を感じ、俳人・松尾芭蕉の歩いた当時に思いを馳せながら「奥の細道」を追体験。
同会の常連参加者は「歩くことでその地の良い所を知ることができるから楽しみにしている」と話していました。

No Comments

いのち育む営み【増田地域農業体験交流学習】

約1か月ぶりの更新です。(き)です。
春かと思えば夏の陽気です。皆様、くれぐれも体調にご留意されますよう…

本当は5月にアップする予定でしたがごにょごにょ…と言い訳はさておき、
5月取材に行き、印象に残った増田地域の農業体験について書きたいと思います。

横手市は、農業体験交流学習を県立増田高等学校で開き、全5回の開催のうち第2回目を行いました。
交流学習は「ひと粒の種から、ごはんになるまで」をテーマに地元の子どもや地域団体との異世代間交流を行いながら
「食」と「農」の大切さを学ぶことを目的として2004年から毎年開催しているものです。

 

 

4月下旬に開催した第1回目の交流学習では手作業での播種作業を体験。第2回目は田植え体験を行いました。

播いた種がしっかりした苗に生長!

交流学習では市立増田小学校5年児童47人と地域住民、市担当者が参加。
増田高等学校農業科学科の3年生8人が「お米の先生」となり、同校圃場で手作業による田植えを指導しました。

  

素足で田に入り、泥の感触に歓声を上げながら1人2条ずつ約6㍍を植えました。

約1時間かけて田植えを終えた後、田植え機の実演も見学し、手作業と機械での時間を比較しました。

 蛙も、田螺も元気に生きているね!

 

農業体験を終えた児童の一人は「手植えは難しかったけれど、だんだん簡単になった。
 家でも米を作っているので進んで手伝いをしたい」と笑顔で話していました。

次回は生き物調査や稲の生育調査などを実施します。

 

田植え体験が終わった後、同校の佐々木先生が
「今日体験したことをお家の人に『食べ物を作ってきたよ』と報告してほしい」と
 児童の皆さんに呼び掛けていました。

「食べ物を作る」という言葉、現在農業に従事している方にも、これから農業を志す人にも大切な言葉だと感じました。

取材をさせていただいて3年目になりますがその度に「農業とは何か」という原点に立ち返りながら
児童の皆さんと一緒に学習させていただいております。

作物を作る、この営みがないことには食べ物を得ることができません。
ごはんがどのようにして出来ているのか、多くの人の手が関わることで食卓に届けられている。
収穫された作物が加工や調理されて食べ物となって私たちの口に入り、体を作る。

それは当たり前のようでいて当たり前のことではないのだと気づかされました。

また取材にうかがって、
稲の生長や子どもたちの成長を追っていきたいと思います。

 

 

No Comments

水稲育苗巡回【稲作部会】

平成30年度になって初投稿です。ご無沙汰しております、(き)です。

気付いたらもう5月ですね。
水稲育苗巡回の季節がやってまいりました。

今年は5月7日から11日にかけて実施します。

 

巡回初日は平鹿町林崎地区へ。

JA米穀課の稲作専任指導員や各営農センターの営農指導員が現在の生育状況を確認。
「根張り良いですね!」

管内の生育状況について発芽の高温障害も少なく、「健苗」と講評。

 

茎も張り、葉が青々としています。
素人目でも分かるほど。
今後の栽培について、ハウス内の温度管理やかん水の目安など個別にアドバイス。
播種は4月中旬頃に行い、順調にいけば1、2週間後に田植えを迎えられそう。

 

「7割がた上手くいったど」
「これだば、食味も上出来だべった!」

育苗巡回を「皆がどうやって栽培しているのか分かるいい機会」と話す皆さん。

 

ハウスからハウスへ

徒歩で移動。

JA秋田ふるさとで実施している「100歳プロジェクト」の一環「歩こう会」のよう^^
徒歩移動が結構良い運動になります。

 

道中、リンゴの花も咲いていました。花を愛でながら
「皆で『リンゴの唄』歌っていぐべ!!」と和やかな様子の巡回でした。
 

No Comments

バレンタインデー

私が物心付いた頃にはすでに存在していた国民的イベント。バレンタインデー。

よく「チョコレート会社が流行させたイベントで本来のバレンタインデーの意趣からずれている」という話も耳にしますが、

それを言い出すと「敬老の日」にきちんと老人を敬っているのかとか、「体育の日」にスポーツに親しみ健康な心身を培っているのか、となりますので、

最近流行しだした「ハロウィーン」のように、お祭り好きの国民性を活かして楽しんでしまったもの勝ちではないかと思っています。

 

さて、実は私が気になっているのは、「バレンタインデーは本当にチョコレート会社が流行させたのか」ということです。

確かに企業の努力もあったでしょうが、それだけではないように思うのです。

先に私個人の考えを述べさせてもらうと、

①自分の感情を中々表に出さない日本人に、感情を表現するきっかけが必要だった。

②花やその他プレゼントよりも若者世代にとって手が届きやすい価格であり、なおかつ保存が効き、大きさもカバンなどに入れやすいサイズであった。

③老若男女全てに受け入れられる味だった。

特にバレンタインデー=チョコレートになったのは②が大きいのではないかと考えています。

流行を生み出すのはいつも若者です。

現在では自分用にと高級品の消費が拡大しているそうですが、それを購入しているのは当時バレンタインデーにこぞって異性にプレゼントしていた人たちではないかと密かに考えています。

若者の間では友達同士で交換しあうのが主流になりつつあるそうですが、やはりお小遣いの範囲で渡しやすいのはチョコレートということなのでしょう。

 

 

これを書いてから今日の日本農業新聞を読みましたら、四季のコーナーでバレンタインデーについて触れられておりました。

物日商戦で恵方巻きが大量廃棄されているという問題についてはその通りだと感じましたが、カカオ豆の生産減少と価格の低迷は物日商戦に関係無いですし、むしろ一部の金持ちが先物取引でマネーゲームをしているせいでカカオ豆の価格が乱高下しているのがそもそもの原因であると私は認識しています。チョコレートの大量廃棄は聞いたこともありません。

物日商戦に水を差すようで・・・と筆者の談だが、物日商戦を一番重要視しているのは生産者のみなさんであります。

一番値段がいい時に出荷していただくために我々は市場と連絡を取り合い、生産者に向けて指導していく立場にあるのに。

日本農業新聞は生産者を応援する立場かと思っていましたが、残念でなりません。

「まびすしい」のは誰か。今一度考えて発言していただきたい。

No Comments

「食を楽しむ集い」を開催【女性部金沢支部】

JA秋田ふるさと女性部金沢支部は2月8日、金沢孔城館(旧横手市立金沢小学校)で「食を楽しむ集い」を開催。
地域の農産物を使った料理や伝統食を味わってもらうことで、食の豊かさを再発見し、
地域の交流の場とすることを目的としています。


「皆さんに食べてもらいたい自慢の一品」を各地区で出品し、
ビュッフェ形式でとっていきます。食べてみてどれがおいしかったのかを投票で決める流れです。

「あ!ハッダギ!!」という声が聞こえてきたので近づいてみると…

いました!!
ハッダギ=イナゴ です。

イナゴちゃん……大変ご無沙汰しております!

田んぼでもなかなか見なくなって(き)は少し寂しい思いをしていました。
出品した地区の代表の方曰く、白菜畑で捕まえたのだとか。いるんですね。

イナゴちゃんは貴重なタンパク源、カルシウム源です……ありがたや、ありがたや…

学生時分に「イナゴ食べよう!」という授業(?)があり、
その見た目から食べられない子もいました。(き)は平気な子でしたので、食べていましたところ
「脚だったらせんべいみたいで食べられる」と言っていた子から
胴体だけおすそ分けされたことがありました。脚も食べさせてくれ!!

さて、こちらが13地区から出品された自慢の一品。
少しずつ食べられる、というのが良いですよね。綺麗で食べるのがもったいない。

少しインスタ映えを狙って撮りましたがいかがでしょうか。

ハッシュタグをつけるなら
#JA秋田ふるさと女性部金沢支部 #伝統食 #地産地消 #割烹着はユニフォーム とか。

皆さん吟味しております…

会場では、手芸作品なども展示。干し柿のフォルムは癒されますね。

Aコープ商品が当たる抽選会も実施しました。
本間支部長が大宣伝!なべ焼きうどん生タイプ1人前を宣伝する支部長。
冬はやっぱり熱々のなべ焼きうどんですよね!

ランダムに「突然ですがインタビュー」も実施。
なべ焼きうどんが当たった方に
「1人前しかありませんが、誰が食べますか?」
と支部長が尋ねると

「父さんさ食べさせます!」という、ほっこり回答もあり、会場は大いに盛り上がっていました。

 

 

No Comments

第12回いぶりんピックが開催されました

2月6日、山内いぶりがっこ生産者の会と横手市は
同市山内地域の特産品である「いぶりがっこ」の出来を競う「第12回いぶりんピック」を同市山内公民館で開きました。

市内在住の生産者18人が選手として出場。

同競技はいぶりがっこの品質向上を目的に毎年開催するもので、
天然由来の素材を使い、昔ながらの製法で作る「クラシカル部門」と
いぶりがっこに一工夫加えアレンジした「フリースタイル部門」の2部門に分かれています。

 

市内飲食店関係者など10人が審査員を務め、一品ずつ確かめながら味や香り、見た目、歯ごたえを採点。

「僅差で甲乙つけがたく悩ましい」と、審査に難航。

多くの報道関係の方がいらしていて、(き)、テレビにフレームインしていました。
後日別の取材先で開口一番に「おめ映っでらっけしゃ!!」「見だど!!」 と言われじっとり汗かきました。

 

さて、、本年はいぶりがっこの味の変化を楽しんでもらおうと会場に初めて
「味変コーナー」を設置。パンやクラッカー、クリームチーズ、わさびなどが用意されていました。

 

クラッカーにいぶりがっことクリームチーズ、出すお店が増えましたね。
以前、県外のとある居酒屋に立ち寄ったとき、
お通しでいぶりがっこポテトサラダが出てきて嬉しくなったことを思い出しました。

 

全国区になっていると実感する出来事がもう一つ…
実は、いぶりんピック開催日、福島から訪れたという方がいらしていました。

山内のいぶりがっこに惚れ込んでご自身でも作られたそうですが、
「ご当地、大変な手間と労力をかけて生み出される当地品にはかなわない」と感激された様子。

ありがたや……ファンの方が増えることは嬉しいですね…

当JA直売の会「ふるさと安心畑」からも会員有志12人で作り上げたいぶりがっこをクラシカル部門に出品。
惜しくも今回の入賞は逃しましたが
「販売だけでなく、いぶりがっこを作りたいと考えている次代の担い手に継承する活動もして出品を続けていきたい」
と意気込んでいました。

 

 

同日に秋田大学の「いぶりばでぃ」事業紹介展示や地元保育園の園児たちがいぶりがっこについて学んだり、
真空パック詰めしたいぶりがっこにオリジナルのパッケージを描くなどの体験もありました。

若い人たちにもいぶりがっこが定着しつつありますね。

 

 

No Comments